リサイクルトナーの価格

リサイクルトナーの価格は安ければ安いほどよいのでしょうか。どの程度が適正な価格か分かりづらい消耗品であるリサイクルトナーですので、価格は安ければ安いものを選んでしまいがちです。果たして、本当にそれでよいのでしょうか。

会社さまざまな商品には適正な価格が存在します。人件費や輸送費など、コストよりも高い価格にしないと商売として成り立ちません。固定されたコストはどの会社も動かしようがないので、どこで差を付けるかというと、メンテナンスに関わるコストを削っていくことで低価格を実現させる会社もあるようです。メンテナンスを怠った商品というのは、消耗した部品を交換することなく、トナーを詰め替えるだけでリサイクル工程を終了したりします。そのため品質は低下する傾向にあり、場合によっては正常に動作しないリスクも生じてしまうわけです。

では、安いリサイクルトナーを使っていても信頼できるお店とはどのようなものでしょうか。基本的なことになりますが、連絡先がはっきりと載っていることが大切です。フリーダイヤルなど、お客さんに対しての連絡を対応する意思表示をしている会社を選ぶことが大切です。また、保証期間も1年以上あるところを選びましょう。

(参考リンク)品質保証について:トナプロ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

リサイクル工程について

リサイクルトナーのリサイクル工程とはどのようなものなのでしょうか。カードリッジを回収してから利用者の元に届けられるリサイクルトナー。ある会社の工程を辿ることで、その品質について説明します。

リサイクルトナーまず、リサイクルトナーを受け入れることから工程が始まります。リサイクルトナーは個別に管理されており、納期通りの生産が実現できるように入荷時から出荷予定の登録を行っています。その後、クリーニングで汚れを落とした上で、製品を分解します。その中で使用できない部品は交換します。部品に問題が無いことを確認したら組み立て、インクを充填し、製品の印字を確認します。全てのテストを確認したら梱包し、出荷します。

リサイクルトナーはリサイクルトナー製造メーカーが作っています。そのため、品質も各製品によって違いが出てきます。リサイクルトナーを使用する場合は価格はもちろんのこと、品質を必ず確認することが重要になります。リサイクル品ということもあり、不良が絶対に出ないという保証はないですが、そのリスクを限りなく低くすることは可能です。

リサイクル工程において、ISO14001取得工場を中心に製造した国内高品質にこだわっている会社など、品質に安心感を得られる会社を選ぶことが大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

リサイクルトナーの種類

リサイクルトナーの種類には、どのような種類があるのでしょうか。リサイクルトナーにも種類があり、その種類によって特徴も違います。

リサイクルトナーには、即納品とリターン品の二種類が存在します。即納品は、すでに再生工程済みの在庫が用意されているため、必要なときにすぐ出荷することができます。リターン品は、使用済みのカードリッジを回収して、リサイクル工程を経た上で戻す商品です

新品のプリンター即納品は在庫から即日出荷できるのに比べて、リターン品のは回収してからリサイクル工程に回すため、回収から出荷するまでに10日から14日程度かかると言われています。業者によっては、全ての商品に即納品が用意されていることがない場合があるため、リターン品での対応になってしまうことがあります。そのため、納品までに時間がかかることがあることを頭に入れておくとよいでしょう。新品のプリンターのトナーや、販売台数の少ないタイプの消耗品がその対象となる可能性が高いです。

即納品とリターン品を比べると、即納品が対応が早くてオススメですが、リターン品での対応になってしまう場合があります。新品のプリンタートナーや販売台数の希少なタイプの消耗品ではリターン品になる可能性があるので気を付けてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

リサイクルトナーについて

リサイクルトナーとは使用済みのカードリッジを回収してから、リサイクルすることによって完成した商品です。再利用することにより価格も抑えることができ、地球環境にも優しいため、近頃では多くの企業や官庁などで使用されています。

リサイクルトナーそのリサイクルトナーの種類には、在庫が用意されていて即日出荷が可能な即納品と、カードリッジの在庫が無いため、使用済みのカードリッジを回収してから、リサイクル工程後、出荷するリターン品の二種類あります。リターン品は商品を回収してから出荷までに2週間程度がかかる場合があります。新品のプリンタートナーや希少な消耗品などは即納品での対応ができない場合があるので注意が必要です。また、リサイクル工程、受け入れ、クリーニング、分解、検査、組み立て、充填、製品テスト、梱包、出荷の順に進んでいきます。

この分解から製品テストまでの工程が丁寧に行われることでリサイクルトナーの品質が決まるといっても過言ではありません。消耗した部品の交換や、組み立て作業の熟練度、印字テストでの印字パターンの多さなど、製品として耐えうるレベルの商品を出荷する会社を選ぶことが大事です。いくら安いリサイクルトナーだといっても、連絡先が書いていなかったり、保証期間が極端に短い商品は品質が著しく低い可能性があったります。

経費削減の観点からも注目が集まるリサイクルトナー。しかし、その品質が悪ければ、プリンターが正常に使えないリスクも抱えることになります。リーズナブルで品質の良いリサイクルトナーを選ぶお手伝いになるような記事を書かせていただきました。どうぞお読みください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket