リサイクル工程について

リサイクルトナーのリサイクル工程とはどのようなものなのでしょうか。カードリッジを回収してから利用者の元に届けられるリサイクルトナー。ある会社の工程を辿ることで、その品質について説明します。

リサイクルトナーまず、リサイクルトナーを受け入れることから工程が始まります。リサイクルトナーは個別に管理されており、納期通りの生産が実現できるように入荷時から出荷予定の登録を行っています。その後、クリーニングで汚れを落とした上で、製品を分解します。その中で使用できない部品は交換します。部品に問題が無いことを確認したら組み立て、インクを充填し、製品の印字を確認します。全てのテストを確認したら梱包し、出荷します。

リサイクルトナーはリサイクルトナー製造メーカーが作っています。そのため、品質も各製品によって違いが出てきます。リサイクルトナーを使用する場合は価格はもちろんのこと、品質を必ず確認することが重要になります。リサイクル品ということもあり、不良が絶対に出ないという保証はないですが、そのリスクを限りなく低くすることは可能です。

リサイクル工程において、ISO14001取得工場を中心に製造した国内高品質にこだわっている会社など、品質に安心感を得られる会社を選ぶことが大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket